ひどい偏頭痛や生理痛の原因はマグネシウム不足かもしれない


「みなさんご存じでしょうか?

私たちの健康にとても大切なミネラルの一つにマグネシウムがありますよね。

マグネシウムは日本人が不足しがちなミネラルなのに、食事からではなかなか補えないのです。」

 

「食べても栄養として吸収されにくいのなら、あまり体が必要としてないんじゃないの?と、考えるのは危険です!

マグネシウムは代謝に必要なミネラルで、私たちの体をサビないようにしてくれています。」

 

では、具体的にマグネシウムは体内でどのようにはたらいているのか、詳しく見ていきましょう!

 

 

体内におけるマグネシウムの役割

 

□ 代謝の促進

体内では食べ物を消化したり、不要物を排泄したりするときに「酵素」という生体代謝反応を促進するタンパク質が働いています。マグネシウムは、体内で800 種類以上の酵素の活性化に関わるミネラルであり、代謝活動はマグネシウムが司っているといっても過言ではありません。

特に重要な働きは、細胞のエネルギー(ATP)を産生することです。細胞に入ったブドウ糖が、ミトコンドリア内で ATP というエネルギーに変換される際もマグネシウムが必要になります。

ブドウ糖が細胞内に取り込まれる際は、インスリンというホルモンが働きますが、膵臓でインスリンをつくる際にもマグネシウムが必要になります。そのため、糖代謝に欠かせないミネラルです。

 

□ 筋肉の弛緩

また、筋肉はカルシウムにより収縮(コリ)し、マグネシウムにより弛緩(コリ解消)します。カルシウムとマグネシウムのバランスがよければ、筋肉のパフォーマンスを良好に保つことができます。

 

□ 神経の興奮を抑える

さらに、マグネシウムは神経の興奮を抑え、痛みを和らげる作用があります。

 

 

 

「インスリンの分泌にも必要ということは、マグネシウムを補うことは高血糖の改善に役立つかもしれないわね。

 

また、神経痛を抑える働きがあるということは生理痛や偏頭痛も和らげてくれるのかしら??」

 

 

 

 

「お嬢さん、するどいですね!

実際に、高血糖はマグネシウムだけを補えばよいというものではありませんが、インスリンの分泌を正常にするための助けはしてくれるのです。

また、生理痛や偏頭痛、後頭神経痛などは神経による痛みなので、マグネシウムを補うことで痛みの軽減が期待されます。」

 

実際に、マグネシウムが不足するとどうなるかを、下のチャート図を参考に見てみましょう!

 

マグネシウムが不足すると

 

マグネシウムが不足するとこで、全身の細胞がエネルギー不足になります。そのため、身体は疲れやすくなり、糖代謝の低下、筋肉の収縮、神経痛の悪化などがおきます。糖代謝が低下することにより、高血糖や肥満、糖尿病が引きおこされ高血圧、心臓病、脳梗塞など重篤な病気がひきこされる恐れがあります。

また、筋肉の収縮がおきやすくなることでこり、痛み、痙攣などがおきやすくなります。

さらに、偏頭痛や生理痛、後頭神経痛などの神経痛もマグネシウム不足が原因でおこることがあります。

 

さらに、マグネシウムが不足する原因の一つとして、リーキーガット(漏れやすい腸)があります。

リーキーガットとは、腸の透過性が上がっている状態であり、栄養が未消化の状態で血液中に漏れ出てしまいます。

そのため、栄養の分解・吸収率が低下するので、マグネシウムも不足してしまいます。

ただでさ、食べ物からではあまり摂取できないマグネシウムですが、腸のはたらきが悪いとさらに吸収が悪くなってしまうのです。

 

 

マグネシウムが不足しているかの検査方法は、日本ではまだ一般化されていません。

 

 

 

マグネシウム不足解消法


マグネシウムはミネラルの一つで、筋肉のコリを解消したり、血糖値の改善、神経症の緩和などにはたらきます。

女性の場合は、女性ホルモンが多くなる時期では、マグネシウムが不足するため、偏頭痛や生理痛を和らげたい時はマグネシウムを補給すると良いです。

しかし、マグネシウムは食品から十分に摂るのが難しいミネラルで、食品より皮膚からの方が吸収が良いのです。

 解消ページでは、皮膚からの吸収に加え、さらにマグネシウム不足から脱する効率的な方法を解説しています。

 

>続きを読む

 

実は売れ筋ナンバーワン!